前へ
次へ

健康食のためにどんな油を選ぶと良いか

フライパンで炒め物をするときによく使う材料として油があります。
スーパーなどではサラダ油として売られていることが多く、油が必要な料理全般的に使うことができます。
サラダ油と聞くと野菜などのエキスを入れているように感じるかもしれませんが、もちろんそれらは入っていません。
元々はサラダを食べるときに最適な調合がされている油としてサラダ油が作られたようです。
油は多くのメーカーが製造販売していますが、油の材料の部分を見ると各社で異なることがわかります。
サラダ油は最も身近な存在でありながら、実際は良く分からずに使うこともある油と言えそうです。
サラダ油以外にもキャノーラ油やごま油、オリーブオイルなども売られています。
キャノーラ油持サラダ油同様に多くのメーカーから出されていて、サラダ油に比べるとヘルシーとのことで使う人もいるかもしれません。
油には脂質が含まれていてエネルギーも高くなります。
一方で使い勝手は風味はサラダ油に近くなっています。
注意としてはメーカーごとに作り方などが異なることでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ごま油やオリーブオイルはそれぞれの素材をメインにした油で、やはり各メーカーによって違いますし製法なども異なります。
より健康食を目指すためにはどんな油を使うと良いかですが、まずは油の種類を知っておくと良いでしょう。
油である脂質は体にとっては必須の栄養素になっていて、全く油を取らないのは良くありません。
一方で取り過ぎると脂質異常な状態になるなどの問題もあります。
健康食に使うと良い油として知られるのがオメガ3と呼ばれる脂です。
アマニ油であったりえごま油として売られていることが多く、これらは不要な脂質を体内から排除するのに効果があるとされています。
その他油にはオメガ6やオメガ9等があり、それぞれに特徴が異なります。
オメガ3の油は健康的ですが風味が独特で加熱調理に向かないなど必ずしもすべての料理に使えるわけではありません。
使い分けが大事になると言えるでしょう。

Page Top